OMFCの低侵襲性インプラント治療|横浜みなとみらいの自由診療専門医院、インプラント・審美・虫歯・歯周病はオーラル&マキシロフェイシャル ケアクリニック横浜OMFC

低侵襲性インプラント治療

HOME >> 低侵襲性インプラント治療

低侵襲的なインプラント治療とは

意図的に傾斜させてインプラントを埋入、さらに既存骨を利用することにより骨移植などを避けることにより患者さまの身体へのストレスを限りなく少なくさせるインプラント治療法です。
10年前までは骨が少ない場合、全てが骨移植などの特殊な治療が不可欠でした。しかし、近年ではインプラント埋入技術の進歩やコンピュータガイド治療の応用により体に優しい低侵襲的なインプラント治療が可能となってまいりました。

オールオン4

無歯顎のような患者さまのあごは、臼歯部の骨量が少なく、さらに骨質も不良な難症例が多いのが現状です。
また、無歯顎症例は高齢者であることが多いため、骨移植など大きな外科的侵襲は体力的にも極力避ける必要があります。
さらに、インプラント埋入術後数週間の入れ歯の使用できない期間は、十分な食事がとれないなどの消化器器官への影響も問題となっています。
 ヒトのあごには前歯のあった骨は、骨量および骨質の比較的良好な骨が既存することが知られています。
そこで、前歯部の良好な顎骨に最低4本のインプラントを埋入する治療方法であるAll-on-4コンセプトが適応となるようになりました。
また、本症例を応用し、1歯から多数歯を失った全ての症例において意図的にインプラントを傾斜させて既存骨を利用する低侵襲性インプラント治療が可能となります。
 しかし、本術式ではインプラントが上顎洞や下歯槽神経に近接するため、正確な診査診断のもと手術を行わななければ、重大な合併症や医療事故を起こす危険性があります。
とくに、最近ではフラップレスによる傾斜埋入も行われていますが、確実な治療計画のもと必ずコンピュータガイデッドサージェリーを用いた、正確な位置への埋入が推奨されます。


オールオン4コンセプト(無歯顎に対して4〜6本のインプラントで補綴する治療法)

日本人は骨量が少ない傾向にあるため、4本のインプラントだけでの補綴は危険な場合があり、十分な診査が必要である。
アジア人へのオールオン4コンセプトでは、4~6本程度で安全性の高い治療計画を立案することが重要となる。


オールオン4治療法

01.本症例は上下顎無歯顎症例

レントゲンにて、上下顎ともに奥歯相当部には骨は少ないが、前歯相当部の骨量が存在していることを確認。

02.ラジオグラフィックガイドでCT撮影

理想的な歯並びを診断するために透明なガイドを装着してCT撮影することによって、確実な診断が可能となります。

03.上顎、下顎の理想的な位置にインプラントを術前シミュレーションすることにより、安全確実な手術が可能となります。

04.ガイデッドインプラント埋入手術

かぎ穴手術方法である低侵襲性フラップレス手術を施行

05.1Day治療(仮歯による即時修復)

かぎ穴手術で行っているため腫れも少ないため、即日で仮歯が入ります。

06.最終上部構造の装着

レントゲンにて、上下顎ともに前歯相当部の骨への意図的に傾斜させた低侵襲性治療であるインプラント埋入を認める。
さらに、アバットメントで約30°の角度補正をしているため上部構造は理想的な歯並びになっている。

当院執筆の上記症例が掲載されている医学専門書

診療メニュー

  • う蝕予防・治療
  • 審美治療
  • ブライダルエステ
  • 歯周病予防・治療
  • 口臭予防&対策
  • 歯科矯正治療
  • アンチエイジング検査
  • インプラント

インプラント

  • 歯科人間ドック(オーラルドック)
  • 酸化ストレス 抗酸化力検査
  • 遺伝子検査

インプラント

  • 歯の欠損後の補綴方法
  • 安心できるインプラント治療
  • コンピューターガイド 即時加重
  • 抜歯即時インプラント治療
  • 低侵襲性インプラント治療
  • オーバーレイデンチャー
  • 骨造成
  • 先進補綴治療(CAD/CAM)
  • インプラント周囲炎メインテナンス
  • トラブル対応
著書・セミナー情報 当院取材 アクセス 医療法人社団木津歯科 デンタルステーション スタッフ紹介 神奈川の社長tv アンダーアーマー・マウスウエア

PAGETOP