OMFCの歯の欠損後の補綴方法|横浜みなとみらいの自由診療専門医院、インプラント・審美・虫歯・歯周病はオーラル&マキシロフェイシャル ケアクリニック横浜OMFC

歯の欠損後の補綴方法

HOME >> 歯の欠損後の補綴方法

当院のインプラント治療への取り組み

日本での歯科医療において、高度診断機器を用いた検診、徹底した予防処置、先進的な歯科・口腔顎顔面医療の多くが健康保険では認められておらず、自由診療扱いとなっています。
とくに、歯を失ってしまったあとの補綴治療としてのインプラント治療は、大幅な機能回復が図られ長期にわたり良好な口腔内を維持できるということで、大変注目されています。

しかし、近年ではこの先進的な治療が十分な診査・診断もされず、また未熟な知識と技術で施行されることによるトラブルが目立ってきており、インプラント治療を専門的に行ってきた私どもは大変遺憾に思っております。

そこで、患者さまに安全なインプラント治療を受けていただけるようオーラル&マキシロフェイシャル ケアクリニック横浜(OMFC)では専門的な立場から、安心で確実な治療の実現に取り組んでおります。

まずは、デンタルステーションみなとみらい、桜木町、横浜の3つのクリニックで、健康保険で患者さまに最適な診査診断、歯科診療をご提供させていただきます。
その上で、より高度な先進的な歯科治療が必要な際には、当院でその歯科医療を提供させていただいております。
また、院長は東京歯科大学の臨床講師、日本顎顔面インプラント学会の指導医、各歯科会社のインプラント治療の講師として、患者さまが満足される正しいインプラント治療を歯科医師、歯科衛生士、歯科大学の学生らに教育指導を行い、実際にその技術も当院で患者さまに公開させていただいております。

歯の欠損の補綴方法

 下顎第1大臼歯(前から6番目の歯)は咬合(噛み合わせ)のキーであり、その歯の喪失は咬合崩壊の始まりと言えます。

厚生労働省の歯科疾患実態調査(2005年)では、54歳以下の約30%、64歳以下の約40%の国民が咬合のキーである下顎第1大臼歯を喪失していると報告されています。

 第1大臼歯など大事な歯を喪失した後の治療方法として、保険治療ではブリッジが一般的です。しかし、臼歯部のブリッジの10年間生存率は31.9%との報告もあり、その予後は疑問視されています(口腔衛生会誌 58:16-24, 2008)。

 欠損補綴治療の1方法であるインプラント治療は、1965年に歯科医療にて臨床で応用されました。
本治療は両隣在歯を切削することなく、過剰な負担をかけないため、残存歯の喪失を防止し、咬合崩壊を阻止する重要な治療方法として患者さんに提供できます。
さらに近年では、コンピュータガイドや即時負荷といった患者さんのニーズに適応した先進的なインプラント治療が開発され、臨床応用されています。
しかし、インプラント治療は確実な診断、術式、メインテナンスを行うことが重要であり、不確実に行うことにより患者にとっては逆に不良な治療法ともなり得ます。

 さらに、近年ではアルツハイマー患者の歯の喪失本数が多いことが報告されており、噛むことと脳機能との関係性が注目を浴びており、歯を失った後のインプラントが同様に脳細胞に刺激を与えている可能性があり、今後さらにインプラントの重要性は研究されていくと思われます。
 そこで、インプラント治療が安全、確実そして予後が良好となるように、精度の高い診査、診断、治療計画、外科、補綴、メインテナンスの全てを高いレベルで実現させる必要があります。
当院では全ての患者さんに安全で予知性の高いインプラント治療を提供しています。

手術前

シミュレーション

手術用テンプレート

手術直後(レントゲン)

手術直後

CAD/CAM作製した最終補綴


治療項目

診療メニュー

  • う蝕予防・治療
  • 審美治療
  • ブライダルエステ
  • 歯周病予防・治療
  • 口臭予防&対策
  • 歯科矯正治療
  • アンチエイジング検査
  • インプラント

インプラント

  • 歯科人間ドック(オーラルドック)
  • 酸化ストレス 抗酸化力検査
  • 遺伝子検査

インプラント

  • 歯の欠損後の補綴方法
  • 安心できるインプラント治療
  • コンピューターガイド 即時加重
  • 抜歯即時インプラント治療
  • 低侵襲性インプラント治療
  • オーバーレイデンチャー
  • 骨造成
  • 先進補綴治療(CAD/CAM)
  • インプラント周囲炎メインテナンス
  • トラブル対応
著書・セミナー情報 当院取材 アクセス 医療法人社団木津歯科 デンタルステーション スタッフ紹介 神奈川の社長tv アンダーアーマー・マウスウエア

PAGETOP